短篇小説『R.V.169』

短編小説『R.V.169』

Released in 8th September
第7回 文学フリマ大阪


『R.V.169』は6編からなる短編集です。
「孤独」をテーマに「愛」と「死」を描きました。
宇宙、ロンドン、ニューヨーク、江戸、近未来、剣と魔法の国──6つの時代と場所で「孤独」に喘ぎながらも懸命に生きる6人の物語。
SF、洋画、時代劇、ロボットアニメ、海外ファンタジーなど、好きなものを全部詰め込みました。
1枚の音楽アルバムをイメージして構成された、全く毛色の違う6つのお話。
あなたの心に響きますように。

あらすじ

 

#1 I Got Rhythm

時は西暦2150年。NASA主導の下、火星付近に「コロンブス・コロニー」が建設された。主人公のゴートは、地球と火星の間に点在するサービスエリアの建造に携わる作業員。ある日、ゴートの暮らす作業船が突然暴走を始める。宇宙空間で、たった一人のサバイバルが始まった。

 

#2 Bullet For My Valentine

現代のイギリスが舞台。主人公の男JBは、引退を目前に控えた老練の殺し屋である。「組織」に所属し、齢60になるまでの半世紀近く、ひたすらに人を殺めてきた。引退を前日に控えた彼は、「やり残したこと」を完遂すべく、再び銃を取った。

 

#3 Bring Me The Horizon

現代のニューヨークが舞台。主人公の男(俺)は、タクシーの運転手。雨がそぼふる金曜日の夜、一人の女性客が彼のタクシーに乗り込んできた。目的地を訪ねると、思わぬ答えが返ってきた。

 

#4 Study in Brown

江戸時代の日本、小さな藩の奉行所に務める大庭征四郎(おおばせいしろう)は、上役の命令で二上山へ赴く。山の頂に近づくにつれて、吹雪は強まるばかりだった。征四郎は一軒の小屋を見つけて、暖を取ろうと考えた。彼が目覚めると、眼前には巨大な熊が眠っていた。

 

#5 Painkiller

そう遠くない未来の話。人型兵器:アサルト・トルーパー《AT》が、陸上戦闘の要となって久しい時代。主人公の「私」は、士官学校でATの教官を務めている。生徒の前では威厳を保っている「私」だが、じつは一度も実践経験がなかった。ある日、IFFに応答しないATが1機、単独で士官学校へ侵攻してくる。

 

#6 S126 / R457

剣と魔法の世界。マウントヴァッテン独立自治区を治める「王」は、1人の料理人を処刑するか否か、決めかねていた。時を同じくして、隣国「K」がB国へ侵攻する。魔法の使えない平民《プレブス》たちは、王政奪還を目論んで地下組織を結成する。様々な悩みを一人で抱えきれなくなった「王」は、一人の娼婦に胸の内を明かす。

 

立ち読みできます

 

画像

短篇小説『R.V.169』表紙
短編小説RV169裏面
無料配布『ニューヨーク・ヘラルド紙』

 

 


「孤独」がテーマの短編集

宇宙、ロンドン、ニューヨーク、江戸、近未来、剣と魔法の国──6つの時代と場所で「孤独」に喘ぎながらも懸命に生きる6人の物語。

購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です